顔のレーザー脱毛

顔脱毛は美容クリニックが主流

口周りや鼻の下などは人によっては産毛が濃く、太いから目立つ人もいるでしょう。顔の産毛はファンデーションが馴染みにくく、化粧ノリが悪いので脱毛したいという人も増えています。また、脱毛というとエステでもケアが受けられますが、より脱毛効果が高い美容クリニックでのレーザー脱毛が最近では主流になりつつあります。

 

レーザー脱毛は肌荒れが不安

美容クリニックでセルフケアが不要になる位、肌がすべすべになる永久脱毛が実現できるのは、出力の強い医療用レーザー脱毛だからです。ただ、そんなにも威力の強いレーザーを使うとなると施術後肌が荒れてしまわないか、やけどして痕が残ってしまわないか不安に思う人もいるでしょう。

 

確かに、煩わしく見た目にも悪かった産毛がキレイになくなったのに、肌トラブルが起こってしまったら本末転倒なので、不安な気持ちがあるのも最もだと言えます。顔は体の中でも粘膜が薄い部分が多く、肌がとてもデリケートなので、人によっては少しの刺激でも肌荒れしてしまうこともあります。

 

技術力のある専門医が高性能の機器を用いて行うので安心

ほとんどの美容クリニックでは出力が微調整できて、毛根のみにターゲットを絞り、ピンポイントでの脱毛が可能です。肌へのダメージもまず心配ないという高性能のレーザー脱毛機を導入しているので、デリケートな顔の脱毛も肌トラブルが起こらないように加減してレーザー照射を行えます。

 

更に、美容クリニックは脱毛サロンとは違って専門知識と高い技術力をもつ、皮膚科医が施術を担当してくれます。肌の状態や毛質などを見極め、個人個人に合った施術を行うため安全度は高いと言えます。医療脱毛で肌トラブルは起こるということはほぼありませんが、万一起きたとしても皮膚科医なので、すぐに適切な処置が行えるのでその点も安心できると言えるでしょう。

 

施術後の軽い肌トラブルはほぼ心配なし

ちなみに施術後に顔が赤くなるという症状がよく見られますが、顔の赤みが出るのはレーザー脱毛ではよくあることです。一種の日焼けのようなものなので、クリニックから指示された通り、冷やしたりしっかり保湿して肌を潤すことでクールダウンできるので次第に赤みは引いていくはずです。

 

また、脱毛後に顔の中でも皮脂の分泌量が多い額などにぶつぶつができてしまうこともまれにあります。このぶつぶつは、レーザーの熱で破壊された毛穴に雑菌は入り込んで炎症を起こしたせいです。元々、毛穴には常在菌がいるバリア機能により雑菌を撃退してくれるのですが、レーザーの熱で免疫力が一時的に下がったので炎症が起きたと考えられます。ほとんどの場合、清潔に保ては自然に治まるのでまず問題ないと言えます。

 

このような施術後のちょっとした肌の異変に関しても、美容クリニックなら適切な治療がすぐにしてもらえるので、脱毛サロンに比べると安心感が増すと言えます。

 

美容クリニックでは安全対策もしっかり行っている

医療用脱毛レーザーは、レーザーの光が単一の波長になっており、直線的に進んでいくので鼻の下などの細かな部位にも深くレーザーを届けることができる仕組みになっています。つまり、細かくて狭い部位までしっかりレーザーの光を届くので、脱毛エステではなかなかできない、隙間のムダ毛などもきちんと除去できるという利点があります。

 

また、レーザーに反応しやすい唇や眼球などへのダメージを防ぐために、レーザー照射時はまぶたや唇に保護カバーをかけるなどの細かな配慮もなされています。レーザーは黒色に反応するので、ほくろやシミなどがあるとやけどしないか不安に思う方もいるでしょう。しかし、美容クリニックでは保護シールをほくろなどに上に貼ってカバーするなどの対応をしてもらえます。脱毛クリニックだとほくろ、シミがある時点でその部位の脱毛を断られる場合もあるので、その点ではクリニックの方が対応範囲が広いし、安心して施術を受けられると言えます。ほくろやシミなどは、確実とは言えませんがレーザーの効果で人によっては脱毛ケアを受けることで反対に薄くなる場合もあります。

 

クリニックは痛み対策も万全

顔は肌が敏感なので、レーザー照射時に痛みや熱さを感じやすいので、痛いのは苦手だからそれも不安だという方もいるでしょう。確かに、レーザーの威力が強い分脱毛サロンよりも痛みや熱さを敏感に感じる方もいるかもしれません。ただ、美容クリニックは医療機関であるため痛みを感じないように麻酔を使用してもらえる所もあるので安心です。麻酔といっても、クリームタイプのものなど体への負担も軽いので安心できます。