クリニックへ通う一般的な回数はどの位?

顔や体の脱毛を行う際に、どの位の回数で完了するのかは気になる所です。通う回数が多いと費用もそれだけかかるし、時間も要するので予め把握しておくことが大事です。クリニックでの医療脱毛は、脱毛する部位や毛の濃さ、量などによって個人差はありますが、顔の脱毛なら6〜9回程度が一般的です。

 

ちなみに、脇は毛が濃いので脱毛部位は狭いですが5〜7回、腕なら4〜6回というのが平均的な回数です。この回数は、セルフケアしなくても気にならない程度の脱毛効果なので参考までに覚えておきましょう。

 

ツルツルレベルを求めるなら通う回数は増える

産毛レベルの細くて細かい毛も含めて、ツルツルの状態を目指すならクリニックへ通う回数は更に多く、顔なら10〜14回程度は必要となっており、腕などの含めてどの部位でも最低では10回以上は通わなければなりません。

 

そうなると、やはり毛が濃い人はたくさん回数を要することになりますが、医療脱毛では毛の黒い色素に反応して脱落を促す医療用レーザーを用いて施術を行うため、毛が太くて密集している人でもきちんとレーザーに反応するので、効果がきちんと感じられます。却って、毛が濃い人のほうが施術の度に毛が薄く、減っていくのがはっきりわかるので効果が感じやすいのかもしれません。

 

脱毛は毛周期に合わせて行われる

毛には毛周期といって生え変わりのサイクルがあるので、短期間で全てを除去することはできません。私たちが目にしている肌の上に出ている毛が全てではなく、皮膚の下でも発毛の準備をしている毛が控えています。毛が成長して肌の上に出ている状態が成長期、毛の成長がストップする退行期、そして毛が脱落し始めて、次に発毛に備える休止期というサイクルを繰り返しています。

 

毛周期は顔の場合は眉毛では成長期は2ヶ月程度、休止期は4ヶ月程度で1日に約0.18o伸びるとされています。この毛周期を考慮すると、1回の施術では全体の2割程度しか脱毛できないことになります。そのため顔の場合は大体3ヶ月に1回位の割合で脱毛を行うのが効果的だとされています。また、腕や脚、脇のムダ毛は1日0.3oと顔よりも成長スピードが早く、成長期も脇は4ヶ月程度、腕は3ヶ月程度、足は半年とそれぞれ異なります。

 

クリニックへ通う期間はどの位?

クリニックによって多少違いはありますが、顔ではセルフケアしなくてもよくなる程度では、約1年半から2年程度、ツルツルを目指すなら2年半以上というのが一般的です。ちなみに、脇だと約1年3ヶ月から2年程度、全身では約1年半から2年程度というのが平均的な期間だとされています。

 

ただ、医療脱毛はエステサロンよりも出力の強いレーザーを用いるので、人によっては皮膚の薄いデリケートな部位はやや痛みが出ることがあります。痛みをあまり感じないように出力を弱めて施術が行われる可能性もあるので、場合によっては目安とされる回数よりも増えてしまうこともあることも覚えておきましょう。

 

エステへ通う回数や期間はどの位?

エステサロンで行う脱毛ケアは、医療脱毛と比べるとやはり使用する脱毛機器の出力が弱いので通う回数は多くなります。毛の濃さや量、肌質などによって個人差があり、またエステサロンによって回数に違いは見られますが、顔の場合でもセルフケアが不要となる程度の効果を得たいなら、少なくとも10回以上、期間も3〜5年はかかると言われています。

 

ツルツルレベルにするには20回前後はかかる可能性があるため、医療脱毛の倍以上は通う回数が必要となってしまいます。エステでの脱毛ケアは医療脱毛に比べると費用が安いとされていますが、回数を重ねてしまえばむしろ高くついてしまうことにもなりかねません。早く、そしてきちんと脱毛効果を実感したいなら医療脱毛に通ったほうが効率的、そして経済的でもあると言えるでしょう。

 

おすすめのクリニックとは?

医療脱毛を行う美容クリニックはたくさんありますが、最先端の機器を導入しているレジーナクリニックは人気があります。顔脱毛も、額や眉間など顔のパーツで脱毛部位が分けられているので気になる部位だけを効率よく脱毛ケアを受けることができるのが魅力です。更に、新宿美容クリニックも痛みもほぼなく、脱毛効果にも優れた医療用レーザーを用いており、顔脱毛にも定評がある評判のよいクリニックの一つです。